お知らせ一覧

おたよりを2月号に更新しました

2017/02/04

おたよりを2月号に更新しました。
小・中学校でのインフルエンザなどによる学級閉鎖の報告が毎日のように届いています。
園内でも多い時は、12名の子どもたちがインフルエンザを発症し、八尾市と大阪府に届出をすませています。
(10名以上の発症者があると、届出が必要です)
本日現在は5名の子どもたちがインフルエンザで休んでいます。
幼児部の子どもたちは18日(土)に発表会を控え、担任たちはドキドキです。
うがい・手洗い・水分補給で予防に努め、現在欠席している子どもたちが重症化しないようにと願っています。

2月1日(水)にひと足早く節分の集いを行いました。同時に不審者を想定しての避難訓練も行い、園内にチャイム音が流れると『火事? 地震?』と避難訓練を予想する子もいましたが、何度も何度も流れるチャイム音に子どもたちもいつもと違うことを察し、担任の『すぐに集まって。おしゃべりはしない』との言葉をしっかりと聞き、どのクラスも保育者の話をよく聞き、指示を待って隣の保育室、園庭と避難していました。クラスによってはロッカーでバリケードを作ったり、階段をあがって来ないように物を置いたり、保育者それぞれの工夫も見られました。
不審者役は鬼が担当し『訓練でよかった』と思っていたところに、不審者役の鬼とは違う、少し怖い鬼が登場。保育者の後ろに1列に並び、鬼を見ないように顔を伏せている子もいました。年齢の小さなクラスは顔を見せながら、2歳児クラス以上は鬼の被り物をしたままの登場で、『先生と分かってるけど怖かってん』と泣く子や『人間の手が見えていた』と、観察力に驚かされる発言、『鬼は園長先生やなぁ』と鬼役探しに一生懸命になる子もいました。
この日の給食は、『巻き寿司』。5歳児クラスは自分達で巻き寿司を作り、3・4歳児は手巻き寿司風に。2歳児クラスはおにぎり風にして食べました。
3日(金)の夜には、地域の神社の鬼払いに出かけた子もあり、家庭でも節分の行事を楽しんだようです。




社会福祉法人 日本コイノニア福祉会

〒582-0021
大阪府柏原市国分本町二丁目6番11-203号
TEL:072-931-9449 FAX:072-931-9448

アクセス

TOPへ