お問い合わせ

  • ホーム
  • 園のご案内
  • 園での生活
  • 施設写真
  • 入園のご案内
  • 私たちの想い
  • よくある質問

個人情報保護方針

個人情報の扱いについて

 個人情報は、情報の所有者である個人の人格の尊重と人権の擁護のために守るべきものであり、公開されてはならない個人の機密に関する重大かつ重要な財産である。したがって個人情報の管理に関しては慎重であるべきである。愛和保育園における個人情報の管理に関しては以下のように定める。
全て職員および愛和保育園の関係者はこの規定を遵守しなければならない。


1.個人情報守秘の対象となる者

個人情報の守秘及び管理の対象となるものは以下に定めるとおりである。

(1)愛和保育園利用者に関する個人情報

①園児に関する個人情報(現在席児童・卒園児童)
②園児の保護者に関する情報(現在席児童・卒園児童)
③子育て支援事業利用者に関する個人情報(利用児童・利用児童の保護者等)
④児童名簿(現在席児童・卒園児童)
⑤入園時健康診断書


(2)愛和保育園職員等に関する個人情報

①現任職員に関する個人情報(含個人履歴書)
②退職職員に関する個人情報(含個人履歴書)
③ボランティアに関する個人情報
④実習者等に関する個人情報(含個人紹介書)
⑤職員定期健康診断結果
⑥定期検便結果
⑦職員採用時健康診断書
⑧給与等労働者の賃金に関する資料(含給与台帳・賃金台帳・社会保健等に関する資料)
⑨勤務表・出勤簿・年次有給休暇等に関する資料



2.管理すべき個人情報の内容

個人情報とは以下に掲げる個人に関する一切の情報を指す。

(1)一般的個人情報

①氏  名
②生年月日
③性  別
④住  所(含郵便番号・電話番号・携帯番号・ファクシミリ番号・コンピューター等のメールアドレス)
⑤学  歴
⑥職  歴
⑦結 婚 歴
⑧健康情報(病歴・現在の病状・健康診断結果の一切)
⑨家族構成
⑩家族に関する個人情報(職業・年齢・住所・連絡方法・健康状況)
⑪父母の会在籍者等の名簿(現在席児童・卒園児童)


(2)保育に関する個人情報

①在園児原簿等(現在席児童原簿・卒園児童原簿)
②アセスメント表
③発達の確認表
④(表・1)保育計画表・個人票(フェースシート)④発達の確認表
⑤(表・2)保育計画・個人計画表
⑥成長の記録(定期的身体測定)記録等
⑦定期健康診断記録(内科検診結果・歯科検診結果)
⑧個人のアレルギー情報(医師の所見・指導・指示に関する書類)
⑨在園児の法定感染症に関する治癒証明等
⑩保育に関する業務日誌
⑪事故報告書
⑫連絡帳
⑪検便結果
⑫保育室に掲示する現在園児童のお誕生日の表示
⑬クラス別現在園児の名前一覧表



3.個人情報の管理方法

個人情報は大別して2種類に分けることが出来る。
※(1)保育に関する資料として日常的に使用するもの
※(2)業務管理上必要とされるもの

(1)保育に関する資料として日常的に使用する情報の管理方法

保育に関する資料は以下のものがある
①アセスメント表
②発達の確認表
③(表・1)保育計画表・個人票(フェースシート)
④(表・2)保育計画・個人計画表
⑤成長の記録
⑥定期健康診断結果の記録(内科検診・歯科検診)
⑦2.(2)⑫⑬
⑧その他


保育に関する資料の管理方法は以下のように行う

1)児童名を全て記号化する
2)関係資料の「氏名」に関する部分は全て個人名を消去し「記号」に書きかえる
3)記号化された個人名の一覧表を作成し特定のものが管理する
4)記号化名簿の管理者は①園長②主任保育士に限る
5)記号化名簿一覧は同管理者が「施錠」して管理する
6)個人情報に関する記号化名簿一覧の開示にあたっては、必要とする職員が同一覧の管理者へ開示要求し、記号化名簿から必要とする情報を使用する
7)記号化名簿一覧の開示を受けた者は使用後直ちに管理者に返還し、管理者は所定の方法で保管する
8)ケース検討会等会議へ出席する者へ必要を以って開示又は配布した個人情報は会議終了後直ちに回収し、管理責任者が施錠管理又はシュレッダー等によって廃棄する
9)2.(2)⑫⑬保育室内に掲示するお誕生表やクラス名簿等は玄関等外部から直接見えないところに表示する。お誕生表は誕生月のみまでを表示し、誕生日は表記しない


(2)業務管理上必要とされる情報の管理方法は以下のように行う

 業務管理上必要とされる個人情報は以下のものがある。この情報は管理者が施錠できるところに施錠保管し、必要を認めない限り職員等、愛和保育園関係者及び部外者へは開示しない。もし、開示の必要がある場合は、情報の所有者の同意を得て開示するものとする
①愛和保育園職員等(含退職者・等施設における研修者)に関する情報の一切
②愛和保育園職員等が有する資格等の情報



4.個人情報に係る職員の守秘義務

 愛和保育園の職員は全ての人の人格の尊厳と人権の擁護について責任と義務を負う
愛和保育園の職員はいかなる事情があっても、愛和保育園に係る個人の大切な情報を、第三者に漏洩又は知らせてはならない
万一この守秘義務に違反した場合は法人の定めるところに従って処分するものとする
また個人情報の所有者が情報漏洩等によって損害を受けた場合は、損害に係る対価を持って補償をしなければならない。この補償の責任は愛和保育園及び情報の漏洩等に関わった職員がそれぞれに負う




この規定は2005年4月1日を以って施行する

↑上へ